総量規制の勘違い

総量規制の勘違い

総量規制で多い勘違いとは

総量規制の勘違い

まだ総量規制について勘違いをしている方に時々出会います。

 

総量規制が始まったころ、私も勘違いしていたことなので、別に恥ずかしいことでもないと思います。

 

普段、キャッシングなど消費者ローンを全く利用しない人にはかかわってこないので、勘違いしていることが結構あるのですよね。

 

それは全てのキャッシングなどの借入が総量規制に入っているという勘違いです。

 

銀行から借りているお金ではなく、ノンバンクから借りているお金だけが対象になります。

 

ですから、同じキャッシングをしている有名どころで言うとレイク(新生銀行の商品なので)は総量規制の対象外ですが、プロミスやアコムは総量規制の対象なのです。

 

これは、レイクがすでに新生銀行のなかの一つの商品ブランドとなって、新生銀行そのものが経営しているキャッシング商品になっていることと、

 

プロミスや、アコムは、銀行グループ会社になっていたとしても、別会社になっていて、銀行ではなく、ノンバンクの金融機関であるということに違いなのです。

 

このへんがややこしいところで、商品の無いようではなく、貸出先がどこかであるかが総量規制の対象となるかの違いだということなのです。

 

同じ目的の借入でも、どこから借りるかで総量規制の対象となるかどうか違ってしまうというのはなかなか分かりずらいことですよね。

 

一つ言えることは、総量規制の対象外は低金利だということでしょう。規制を受けないのは銀行になるので、ノンバンクと比べれば当然金利が低いわけです。

 

例えば、信販会社の社名なので誤解しやすいですが、オリックス銀行は総量規制の対象外です。

 

ネット銀行なので店舗がないのであまり銀行のイメージを抱きにくいですが、カードローンの設定金利は低金利です。

総量規制の勘違い関連ページ

口座に直接キャッシングできる
ネットからできるキャッシング方法についてまとめてみました
収入のない専業主婦はお金を借りられない?
総量規制があるので主婦はお金を借りることができないって本当?
住宅ローンと家計と確定申告
住宅ローンを組んでいる人は、確定申告での減税について良く知っておくべきですね
銀行カードローンは意外と簡単
キャッシングのように、返済日に一括ではなく、月賦払い。そして、返せるときに大目に返したり、一括返済できたりするので、返済も自由度が高い銀行カードローン
住宅ローン借り換えは早めに
自分にあった住宅ローンの借り換えを受けることが出来るかも

ホーム RSS購読 サイトマップ