マネー賢人

賢いお金の使い方

0-28.jpg

天下の回りものと表現される「お金」ですが、お金は使ってこそ価値が産まれるもの。 そのまま置いておいても、多少金利ははつきますが、ただそれだけのこと。

物やサービスの交換することで、日々の暮らしを豊かにします。 ただ、普通に会社員をしているだけでは、生涯入ってくるお金は、だいたい決まっています。

定期的に入って来る収入になるので、ローンという形でお金を 借りることで、高額な買い物もすることもできます。

いわば、時間を買っているようなもので、ローンにつく金利は その代価みたいなものではないかと思います。

上手に借入することで、高額な買い物もできる現代の仕組みは、便利でもあり 逆に予定外のこともたびたび起こりますし、しっかりと管理できないと 大きな借金を抱えることになります。

上手にお金を使い、借り、増やすことを学んでいきましょう。

キャッシングは慎重に

最近は、簡単に現金がATM~引き出せる時代です。自分の銀行口座からキャッシュカードで 引き出すのと同じ感覚で、キャッシングできてしまうので、ついつい自分のお金の ように感じてしまい、間隔がマヒしてしまいます。

しかし、金利はとても高いので、クレジットカードまキャッシングも消費者金融の キャッシングも、どうしてもそれしか手段がない場合だけにしましょう。

できれば、クレジットカードのキャッシング機能は外しておいて、 どうしてもという場合は、別にキャッシング会社のカードを作るようしましょう。 そのほうが1つ抵抗があるので、気軽にはキャッシングしないはずです。

またキャッシング会社には無利息の期間がありますから、上手に利用すれば いざという時だけ利用すれば、利息も少なくてすみますしね。

お金は条件に合ったところで借りる

同じお金を借りるのでも、自分が必要とするお金の使い道の性質によって借りるところを よく検討して借りないと、返済時に苦労する事になります。

とにかく早く借りたいのならば申込即日スピードキャッシングができるノンバンク系に 申込をするのがいいでしょう。

100万円以上を借りて、長期で返済していくのならば、銀行のカードローン系が 金利も低く、総量規制もなく、限度額も大きいので返済のことを考えればこちらの 方がいいですね。

ローンは借り換えも時には必要

住宅ローンなど長期にわたるローンは、借りっぱなしではなく、時期をみて 借り換えを考えるのも大切です。

金利は時代の流れとともに変化しますから、変動金利、固定金利をうまく 借り換えて、できるだけ、少ない総支払額になるようにしたいところです。

ただし、借り換えには手数料がかかる場合もあります。これは、最初に ローンを組む時に、借り換えの手数料がかかるのかどうかという事も よく調べておく必要があるという事になります。

最新情報

口座に直接キャッシングできるネットキャッシングって知っていますか?

0-12.jpgキャッシングというと、現金が足りない時に、ATMから現金を引き出すというイメージが強いと思いますが、今は、ネットキャッシングといって、直接現金を手にすることなく、口座に入金できる方法が使われています。

もちろんATMでのキャッシングが亡くなったわけではなく、借入の1つの方法としてです。

このメリットは、自宅に居ながら、また外出先から、インターネットを利用できれば、直ぐにキャッシング申込ができて、金融機関の営業時間内であれば、ものの数分で、自分の口座に振り込みがされます。

2015年1月20日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

収入のない専業主婦はもう自分の名前でお金を借りられない?

206839.jpg総量規制ができて、年収の3分の1までしか借りられなくなりましたので、収入が0であれば、年収の3分の1も0なので、1円も借りられないという事になります。

つまり法律で、収入のない人は、貸金業者からお金を借りることができなくなりましたので、専業主婦の方は、年収が無いので借りられないという事になります。

自分の名義でなく、配偶者の収入を提示して借りる配偶者貸付というものもありますが、配偶者の同意書と収入証明などが必要で、手続きが面倒なので、対応している貸金業者は殆どないと思います。

2015年1月19日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

総量規制の勘違い

093992.jpgまだ総量規制について勘違いをしている方に時々出会います。

総量規制が始まったころ、私も勘違いしていたことなので、別に恥ずかしいことでもないと思います。

普段、キャッシングなど消費者ローンを全く利用しない人にはかかわってこないので、勘違いしていることが結構あるのですよね。

それは全てのキャッシングなどの借入が総量規制に入っているという勘違いです。

銀行から借りているお金ではなく、ノンバンクから借りているお金だけが対象になります。

ですから、同じキャッシングをしている有名どころで言うとレイク(新生銀行の商品なので)は総量規制の対象外ですが、プロミスやアコムは総量規制の対象なのです。

2014年4月25日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

住宅ローンと家計と確定申告

確定申告はサラリーマン家庭にはあまり関係の無いものですが・・・・

何かしらの控除を受けられることがあるので、一般のサラリーマン家庭でも、確定申告については知っておくべきです。

還付申告など、サラリーマン家庭では、プラスになるための申告の方が基本的に多いわけですからね。

特に住宅ローン控除を受ける人にとっては確定申告で住宅ローンの分を還元してもらわないと大変ですね。

控除の期間は10年ですので、10年間はしっかり控除してもらって、この不景気の時代をしっかりと乗り切ってください。

2013年10月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

家庭菜園は本当に節約につながるのでしょうか?

子供の教育や食費の節約のために家庭菜園を始める人が多くなってきています。

今は初心者の人でも簡単に出来る様にインターネットでは様々な情報が公開されています。

土の作り方から苗の植え方、野菜の種類によっての育て方や収穫時期など誰でも簡単に育てる事が出来ます。

自分で育てれば、普段あまり目にしない珍しい野菜なども気軽に食すことも出来ますし、何より無農薬で安全な野菜を毎日食べる事が出来ます。

2013年9月 7日||トラックバック (0)

カテゴリー:節約

貯金箱の見直しをしてみませんか

貯金箱をもう一度見直しませんか。貯金箱。なんとなく昭和を感じさせるレトロな雰囲気ですが、雑貨屋などに行けばかわいい貯金箱がずらーっと並んでいます。

思わず目移りしたくなるようなカラフルなものがいっぱい。この際、インテリアとしてでも買いたいと思ってしまうほどです。でも初めはそんな動機でいいのです。そのかわいいインテリアが節約術まで生み出すのならばお安い買い物ですよね。

まずは貯金箱を置いて、節約術が頭に浮かんだら8割成功していると考えていいでしょう。かわいい貯金箱の中にポチャリとコインを入れるのが好きになれば9割、節約術を身につけたといえるでしょう。

そのうち、部屋のいたるところに貯金箱が置いてあるということにもなるかもしれません。財布の中の小銭が重くなったら貯金箱の中にいれるようにしましょう。

2013年9月 6日||トラックバック (0)

カテゴリー:節約